芸術・文化支援サイト かるふぁん! -Fund for Culture-

企業メセナ協議会の
芸術・文化への寄付に関するポータルサイト

寄付募集中のプロジェクト

水と土の芸術祭2018

 2009年から始まり今年第4回展を迎える「水と土の芸術祭」は、新潟市という都市名ではなく「水」と「土」という、生命の誕生を促し育んできた根源的物質を表題に掲げていることを特徴としています。
 新潟は、まさに「水」と「土」がせめぎ合う境界領域に生まれました。信濃川、阿賀野川の両大河が大量の水と土砂を運び、沿岸では延長70kmにもおよぶ日本最大級の砂丘列により数多くの潟湖が形成されました。この歴史のなかで先人たちは、「水」と「土」の恵みを享受する術を学び、脅威を削る試行錯誤を重ね、その英知を脈々と受け継いできました。それは、人類誕生以来の一つの縮図であり、ゆえに新潟が育んできた文化は人類共通の英知であると考えます。
 「私たちはどこから来て、どこへ行くのか~新潟の水と土から、過去と現在(いま)を見つめ、未来を考える~」という、継続する基本理念のもと、今回は「メガ・ブリッジ─つなぐ新潟、日本に世界に─」というコンセプトを設けました。新潟と日本各地、そして世界を結び、市民同士をつなぎ、新しい視点、感性を育む壮大なアートの架け橋です。多彩なアプローチでこれまでにない新潟市の魅力を発信していきます。

                水と土の芸術祭2018総合ディレクター  谷 新


会期
2018年(平成30年)7月14日(土)~10月8日(月・祝) 計87日間

会場
市内全域
メイン会場:「万代島旧水揚場跡地」
サテライト会場:「新潟市芸術創造村・国際青少年センター(旧二葉中学校)」
その他、市内全域で各プロジェクトを展開する。

事業
・市民プロジェクト(市民自らが企画・運営するイベントやプロジェクト等)
・こどもプロジェクト(次代を担うこども達の創造性を育む事業)
・アートプロジェクト(アーティスト等を招へいし、新潟の地勢的な成り立ちや暮らし文化に深く根差した芸術性の高い作品を制作・展示)
・シンポジウム(芸術祭の取り組みと連動したトークイベント等)
・にいがたJIMAN(「食」や「農」・「伝統芸能」など、新潟市の誇る豊かな文化を広くPR)

活動情報

活動ファンド 2021 芸術・文化による社会創造ファンド 2021 Arts Fund
申請時期 2017年 第3回
活動地域 新潟県
活動ジャンル 美術
団体名 水と土の芸術祭2018実行委員会
活動名 水と土の芸術祭2018
活動名(ふりがな) みずとつちのげいじゅつさいにーぜろいちはち
実施時期 2017年 1月 26日 ~ 2019年 3月 31日
会場 実施場所:新潟市内全域※本市の魅力である「潟」「砂丘」「港」などを活用した会場・メイン会場:「万代島旧水揚場跡地」、サテライト会場:「旧二葉中学校」・市民プロジェクトおよびアートプロジェクトの一部は,新潟市内全域で展開する。
所在地 :
WEBサイト http://2018.mizu-tsuchi.jp/
寄付金額 / 目標金額
937,561 / 8,000,000
この活動に寄付をする
Page Top
PAGE TOP