芸術・文化支援サイト かるふぁん! -Fund for Culture-

企業メセナ協議会の
芸術・文化への寄付に関するポータルサイト

活動者の声

コマイぬ「ラッツォクの灯」気仙沼公演

活動期間2018年 7月 28日 ~ 2018年 7月 28日

活動をしてみて

 石巻同様、なかなか演劇を見る機会の無い土地という事で、当然演劇公演に携わる機会も無いという事。今回の会場であるK-portしかり、企画や広報などを手伝ってくれた町おこし団体「気楽会」のメンバーしかり、打ち合わせ段階でなかなか演劇の製作過程に於いての意思疎通がうまくいかないことが多々ありました。
 例えば会場であるK-portにては、前日から会場を使わせて頂き、リハーサルを行いたい旨を相談したところ、ライブの際は約1時間くらいリハーサルの時間を取るので演劇も同じでよいかと持ちかけられ、演劇のリハーサルはもっと時間がかかり、細かい確認が多数ある事を説明してどうにか芝居の尺の倍の時間の3時間を使わせてもらう事ができました。
 「気楽会」さんと打ち合わせでは、予算がギリギリである事を相談したところ、前日のリハーサルの会場費が勿体ないから、リハーサルは別の場所で行い、会場は本番当日だけ使えばよいのではないかと提案され、演劇のリハーサルの特長などお伝えして、本番と同じ会場で行う事の重要性をお伝えしました。
 今回、演劇公演を開催するにあたって、何度も気仙沼に足を運び、直接対話を重ねることで、演劇に対する共通認識、共通言語を作っていけたような気がします。その結果として、前日の会場でのリハーサルには多くの関係者が駆けつけて下さり、お手伝いいただきながらリハーサルに立ち会って頂きました。ステージの上では決して見れない裏側を見て頂き、K-portさん、気楽会さん、また地元の俳優さんたちも大変興味をもって見てくれていたのが印象的でした。
 終演後、K-portさんにも、気楽会の皆さんにも、今回このK-portで演劇を上演してもらって良かったと仰っていただきました。K-portさんとしては、今後、今回の舞台公演を一つのマニュアルとして、地元や近隣地域の俳優さん、劇団さんも積極的に迎え入れられればと話して下さり、「こうして演劇公演が実施出来た事、オーナー(渡辺謙さん)もきっと喜びます」と仰って頂けました。

 今回、予想を大きく超えるお客様にご来場いただくことができ、地元メディア、そしてご近所同士の口コミに大変助けられた公演でした。惜しむらくは、1ステージしか行えなかった事、そして翌週には気仙沼の1年に一度の大イベント「みなと祭り」を控えており、多くの若者はその準備に追われて、興味はもっていても劇場に足を運んでいただくことが出来なかった事でした。
 今回、実際に演劇公演を行い、K-portさんにも様々な可能性を感じてくれたようで、今後貸し出しの条件がもっと容易になること、そして演劇を観る機会がより恵まれる事を期待しております。
 また、今まで気仙沼で演劇を上演するときはどうしても【劇場=ホール】というイメージが強く、予算も高額となり、気軽に演劇を上演する機会、観てもらう機会というものにめぐまれなかったと思います。実際、東京在住で気仙沼出身の俳優たちによって昨年気仙沼での演劇公演が開催されましたが、市の中心部から離れた公共ホールで、予算もクラウドファンディングを利用しての上演で、第2回の公演の目途はたっていないと伺いました。
 今後、ホール規模の公演でなくても、近くのカフェでも演劇公演が出来て、また沢山のお客様にも駆けつけて頂ける前例となれたと思うので、どうかこれから、気仙沼の内外で、だれでも気軽に演劇が出来る!観れる!そんな演劇の上演が一つでも多く開催されることを、切に願う次第です。

松江・森の演劇祭2017

活動期間2017年 10月 20日 ~ 2018年 3月 1日

活動をしてみて

入場無料の公演やマルシェを開催することで、演劇祭のチケットを購入していない市民も気軽に会場に足を運び、雰囲気を楽しんでもらうことができた。初めて来場したお客様から、「次は、チケットを購入して有料公演も観てみたい」という声を多く聞き、次開催のモチベーションが上がった。

HOTEL ASIA 2018 World Tour

活動期間2018年 9月 1日 ~ 2019年 2月 28日

活動をしてみて

今回のHOTEL ASIA PROJECT 2018は、2014年の北九州ビエンナーレワールドツアー、過去のHOTEL ASIA PROJECTのアジアツアーを継承して開催された海外ツアーのプロジェクトでした。アジアでは主に、タイ、日本 (北九州、東京)、中国のアーティストや美術関係者と企画を作ってきましたが、今回はさらに他のアジア地域、インドネシア、台湾、沖縄に出向き、参加アーティストの発掘、各地の文化状況のリサーチと交流を進めました。その結果、インドネシア(二組)、沖縄(二組)、香港(一組)から新たなアーティストの参加を実現しました。また、企画側としても、中国、香港、東京、ウィーンのキュレーターや研究者との恊働も実現しました。これらの人的、地域的広がりは、今後の活動に前向きな影響を与えてくれると確信しています。各地を巡回中にさまざまなアイデアについて議論され、来年以降の企画について具体的な提案ができた事は有意義であったと考えています。今回のプロジェクトでは、初めてヨーロッパ(Medo Sapce、ウィーン美術アカデミー)で開催しましたが、今後はヨーロッパとの連携も視野に、ウィーン、プラハ、ベルリンなど各地の関係者ともミーティングを重ねています。また、オーストラリアのインスティテューションとの企画、香港、中国、日本での共同企画など、地域を越えたあらたな企画について現実的な話しも進行中です。

今回のプロジェクトでは、これまでの海外でのプロジェクトの経験から、展示準備、作品の輸送、移動の手配、展覧会開催、イベント開催など、運営側としては比較的順調にすすめられました。一部地域のビザ発行のシステムなどで、アーティストの滞在スケジュールが変更になったり、機材レンタルの問題によって、展覧会期間が短縮されたり、はじめての会場(ウィーンや沖縄)では、一部搬入スケジュールが変更になったりしましたが、関係者の努力でアーティストや研究者を各地へ招聘しプロジェクトを実施する事ができました。今後はさらに日々変化する国際情勢を確認し、各国の状況に合わせながら、アーティストや研究者の招聘をよりスムーズに行えるようにしなければならないと再認識しています。

プロジェクトの成果として128ページのアーティストブックを制作しました。タイ、中国、日本、インドネシア、香港のアーティスト、映画監督等のビジュアルイメージと、研究者(毛利嘉孝:社会学者 東京藝術大学教授)、Duan Hongwei:人類学者、Ni Kun:オルガンハウス中国のキュレーター)のテキストで構成されたアーティストブックで、PDFファイルを、インターネットなどを使って公開する予定で、展覧会に来る事が出来ない人々にも、このプロジェクトの内容が伝わると考えています。このような出版物の制作は、今後も充実させるべきだと強く感じています。

札幌国際芸術祭2017

活動期間2017年 8月 6日 ~ 2018年 3月 31日

活動をしてみて

活動者をしてみて以下のとおり自己評価している。
・まちなかに会場を設定することで札幌の魅力の再認識につながった。
・多種多様な芸術表現に触れることで新しい視点に気づくきっかけを与えた。
・市民参加型プログラムを実施することで「市民とともにつくり上げる芸術祭」を体現することが出来た。
・延べ来場者数は、目標である35万人を超え、38万人に達した。
・経済波及効果は4,891百万円。目標数値であった4,300百万円を上回った。

時間と生命と食のアート「星屑屋台」

活動期間2017年 7月 15日 ~ 2018年 3月 31日

活動をしてみて

「星屑屋台」は、東日本大震災以降7年間にわたり毎年日本を訪れ、美術、芸術の力で日本を支援し続けているスペインのEl Instante 財団との共催事業です。
同財団と行ってきたこれまでの被災地での美術芸術によるワークショップ活動を、さらに発展させ、食、芸術、哲学が一体となった内容は、ある意味、盛りだくさんすぎるのでは?という懸念もありました。
しかし「食」という、どんな人にも必要不可欠であり、また参加しやすい内容であったことから大きな参加者の広がりが生まれました。
また、日本伝統の折り紙で料理を盛り付ける器を作り、それにスペインから来たシェフの料理を盛り付け、その美しさを楽しみ、皆で同じ食卓を囲むことは、互いの文化への理解の深まりをもたらしただけでなく、岩手とスペインの友好の記念と、日本の被災地からの感謝の証となったのではないかと思っております。

Page Top
PAGE TOP