芸術・文化支援サイト かるふぁん! -Fund for Culture-

企業メセナ協議会の
芸術・文化への寄付に関するポータルサイト

活動者の声

オペラ彩第34回定期公演オペラ「トゥーランドット」

活動期間2017年 7月 20日 ~ 2018年 4月 20日

活動をしてみて

 2017年度は、日中国交正常化45周年を記念して、中国を舞台にした、プッチーニのオペラ「トゥーランドット」を取り上げました。「トゥーランドット」は演奏の難度が高く、また壮大なオペラとして知られております。今公演も、ソリスト、合唱、児童合唱、ダンサー、助演、バンダ、オーケストラと、総勢170人の大舞台となりました。公演の模様が音楽雑誌「ハンナ」に掲載され、絶賛されました。奇しくも10年ぶりの「トゥーランドット」ブームとあって早々とチケットがsold-outになるなど、熱気にあふれた公演となりました。
 「学生に見せたいので、期末試験を避けて日程を組んで欲しい」との要望が高等学校の先生方から相次ぎ、公演日を12月23日(土)・24日(日)に設定しました。有料にもかかわらず、200人を超える高校生の鑑賞希望があり、公演後に数多くの感動のメッセージが寄せられました。
 他方、オーケストラの繁忙期と公演日が重なったことで経費が高騰するなど、問題も浮上しました。人材確保の面でも苦慮いたしました。
 中国の大学で教鞭をとる田大成氏が皇帝アルトゥム役で出演したことから2020年に向けて中国との交流の可能性が出てきました。今後とも音楽による国際交流、地域間交流、大学等との連携に力を注いでいきたいと願っております。 
 2018年はオペラ彩設立35年の節目の年にあたります。クオリティの高いオペラ制作を目指すと共に、オペラの普及に努めてまいります。

あいちトリエンナーレ2016

活動期間2016年 8月 11日 ~ 2016年 10月 23日

活動をしてみて

「あいちトリエンナーレ2016」の特徴のひとつとして、「参加アーティストと企画体制の地域的な拡がり」があげられます。芸術監督には、南米での滞在経験を経てフランスを活動拠点のひとつとする港千尋氏を迎え、ブラジルやトルコを活動拠点とする外国人キュレーターも招聘しました。それにより、これまで紹介される機会が少なかった南米、アメリカ、中東などを含め、過去最多となる38の国と地域からアーティストが参加し、それぞれの国・地域の歴史や独自の文化を踏まえた魅力ある作品を紹介することができました。

また、会場については、前回の名古屋市・岡崎市に加えて、豊橋市内でも展示や公演を展開しました。再開発で注目される名古屋駅周辺、岡崎城をはじめとした歴史的建造物が数多く残る岡崎、路面電車が走る味わいのあるまちなみの豊橋と、それぞれの地域や会場の雰囲気に合わせた魅力ある作品展示を行いました。

その結果、60万人を超える多くの来場者を迎え、盛況のうちに事業を終了することができました。

さぬき映画祭2018

活動期間2018年 11月 1日 ~ 2018年 3月 31日

活動をしてみて

「さぬき映画祭」は、映画・映像による地域文化の振興と香川の活性化を図るため、2006年から毎年実施され、今回で12回目を迎えました。「映画、だけじゃない映画祭」をコンセプトにさまざまなジャンルの映画上映や演劇公演、トークイベントを中心に、毎年新たなコンテンツを提供し続けています。
これらの活動は皆さまの支援によって支えられています。貴会を通じて寄付を募ることで、寄付者に対して当映画祭における文化活動の取り組みをお知らせできるほか、税制上の優遇により、多くの方から寄付をいただくことができました。

第23回KAWASAKIしんゆり映画祭2017

活動期間2017年 7月 20日 ~ 2018年 3月 31日

活動をしてみて

23年間にわたり新百合ヶ丘で開催してきた「しんゆり映画祭」は、映画を通して文化と街と住民・観客がつながっていく活動を続けてきました。年々活動資金が減少していくなか、映画祭が育んできた活動にご賛同いただき、サポートしていただける方々の力を集めて、23回目も無事に終了することができました。来年度もボランティアスタッフワークのほか、個人寄付やさらなる街や企業との連携などを模索していきたいと思います。

日本テレマン協会第242回~第248回定期演奏会

活動期間2017年 4月 20日 ~ 2018年 5月 31日

活動をしてみて

我が国において、当協会が専門とする18世紀の音楽はまだマイナーな分野である。特に、当協会の活動の根幹となる定期演奏会では、演目は必ずしも聴衆に受け入れられやすいものばかりでなく、入場料収入は他の公演よりも少ない傾向にある。そうなれば寄付者にとっては自助努力の不足を寄付で補おうとしているように思われ、寄付に対する理解を得ることが難しくなることもある。しかし、貴会に登録することで、本活動がある一定水準以上の芸術活動であるということが
寄付者に理解されやすく、なおかつ寄付者に税制上の優遇が受けられるようになることで、
寄付を促しやすくなったと思われる。

Page Top
PAGE TOP