芸術・文化支援サイト かるふぁん! -Fund for Culture-

企業メセナ協議会の
芸術・文化への寄付に関するポータルサイト

活動者の声

東日本大震災復興支援上映「ともにある Cinema with Us 忘れないために」(仮題)

活動期間2013年 10月 12日 ~ 2013年 10月 14日

活動をしてみて

311という突発的な未曾有の出来事に、映画に係わるものとして何かできないかという思いから始まった緊張性の高いプロジェクトで、予算もほとんどない ところからの立ち上げとなり、助成金が大きな力となったことを実感している。この大震災に映画作家たちはどんなふうに向き合ったのか、そして報道映像には 表れてこない被災地の人々の姿と思いを、山形国際ドキュメンタリー映画祭2011に集った多くの作品を通して、2,000人を超える国内外の方々に見てい ただくことができたことは、非常に有意義なことだったと考えています。また、被災地も含めた全国への巡回上映は、遠く離れた方々にも被災地のよりリアルな 現状を伝えることができたのではないかと思います。
 また、被災地の映像を、その現場である地域に伺って改めて見ていただくことについては、どのような反応をいただくことになるのか、不安な面はありました が、被災地にエールを送る作品を選んだこともあり、実際には、非常に好意的な感想や評価をいただくことが出来ました。被災した親戚や友人に見てほしいから 再上映を希望すると涙ながらにお話ししてくださった方もおられました。岩手県山田町、宮古市、宮城県塩竈市、仙台市、福島県南相馬市、福島市の方々には、 特に、上映会を開催するにあたり、大変お世話になり、映画上映というプロジェクトを仲立ちとして、今までにない繋がりをいただいたと感じています。また、 今回上映した作品の何本かは、海外の映画祭や大学にも招待され、被災地の現状と人々の思いを国外の方々に伝えることになりました。細切れの報道映像では伝 わらないものに、国外の方々に映画を通して触れていただけることは、映画を集めた者として大きな幸福であります。今回、可及的速やかに、このような助成支 援をしていただいたことに心より感謝いたします。

大津純子 心のコンサート その23

活動期間2017年 4月 20日 ~ 2017年 5月 26日

活動をしてみて

*活動を通して感じたこと:今回のコンサート・テーマは「Sensibilité et Passion〜 パリに花ひらく感性」ということで、19世紀から20世紀初頭にパリを舞台に活躍した作曲家たちの、繊細さと熱情が交差するロマンに満ちた作品でプログラムを構成した。ゲストの原島 博先生のご専門は電子情報工学だが、文化やアートへのご造詣が深く、顔を中心として<感性工学>という分野をも開拓されている。デジタル化された文化が社会を席巻する現代。演奏される作品を通して其々の作曲家たちの柔軟な感性や彼らが生きた時代の文化背景に触れ、先生のお話を伺いながら 改めて「人間性」とは何? 豊かな人生とは? という問題を聴衆の皆さんとご一緒に考える機会を設けたいと考えた。お客様から寄せられた感想を読むと、今回の企画が目指すメッセージ=豊かな感性には人びとの心を柔軟にする力がある=が伝達出来たように感じる。音楽を通しての啓蒙活動は地道であるかもしれないが、言葉を通してのコミュニーケーションより直接強く人びとの心に届くのではないだろうか。
*今後の取り組み:(個人的な見解ではあるが)現在世界規模で「人間性の質の在り方」が問われているように感じる。規模は小さくとも深い内容の企画で、今後とも社会に向けて“何故芸術が人びとにとって大切なのか” 発信していきたい。若い時(特に子ども時代)に受けた感動は人生に大きなインパクトを与える。若い世代の感性にも共感を呼ぶ(おもねるのではなく)テーマについても研究を続けたいと考えている。若者が参加し易いように中学生以下の料金を半額に設定した。若者たちとコミュニケーションをとる方法に付いても今少し考えを廻らせていきたい。

東京・春・音楽祭―東京のオペラの森2017―

活動期間2017年 3月 16日 ~ 2017年 4月 16日

活動をしてみて

今回で通算13回目となりました「東京・春・音楽祭 -東京のオペラの森2017-」は、皆様のお陰をもちまして、全日程を無事終えることができました。
 本年は大型公演として、“東京春祭ワーグナー・シリーズ”にて『ニーベルングの指環』の最終章《神々の黄昏》を上演したほか、今年生誕220年をむかえたシューベルトの《ミサ曲 第6番》を取り上げた“東京春祭 合唱の芸術シリーズ”や、傑作オペラの名アリアで音楽祭のフィナーレを飾った「スペシャル・ガラ・コンサート」、そして「《ロマン派》~近代に生きた芸術家たち」というテーマでお届けした“東京春祭マラソン・コンサート”などを実施いたしました。
 これらに加え、東京藝術大学奏楽堂での「ショパン:ピアノ協奏曲(室内楽版)」演奏会や、音楽祭恒例の東京春祭チェンバー・オーケストラ、“歌曲シリーズ”、“《24の前奏曲》シリーズ”、また斬新な企画で話題を呼んだ“東京春祭ディスカヴァリー・シリーズ”や“ベンジャミン・ブリテンの世界”などにおいて、一流の音楽家が渾身の演奏を披露いたしました。
 音楽祭のもうひとつの顔である“ミュージアム・コンサート”は、国立科学博物館、東京国立博物館、東京都美術館、国立西洋美術館、上野の森美術館の5会場で、創意あふれるプログラムをお楽しみいただきました。
 そのほかにも、音楽祭の開幕を告げるプレ・コンサート「夜の音めぐり」や、「桜の街の音楽会」、「東京春祭 for Kids」、「〈ナイトミュージアム〉コンサート」、「指揮者はあなた! Conduct Us in 上野公園」、マラソン・コンサートのライブ・ストリーミング配信といった多彩な企画を通して、ひとりでも多くの方に音楽の魅力をお伝えできるよう努めました。
 「東京・春・音楽祭 -東京のオペラの森-」は、上野、ひいては東京の春を盛り上げていけるイベントになれるよう尽力してまいりますので、今後とも変わらぬお力添えをたまわりますようお願い申し上げます。
 最後になりましたが、ご来場いただきました皆様、音楽祭をご支援くださいました関係者の方々に心より御礼申し上げます。

21世紀鷹峯フォーラム

活動期間2016年 4月 20日 ~ 2017年 3月 31日

活動をしてみて

2015年京都から3か年計画で始まった、工芸の祭典、21世紀鷹峯フォーラム。「100年後の工芸」のために、従来の枠組みを超えた連携を呼びかけ、会期中、趣旨に賛同し連携に参加する機関の自主的な事業実施と、鷹峯ならではの横断的な組み合わせによる各種の新しい取組となる事業実施によって構成されています。2016年の今回、工芸の美術館博物館が林立し教育機関・研究機関を多数擁す工芸の集積地であり「消費地」である東京では、良き使い手を増やすため工芸と現代生活を繋ぎなおす案の構築、連携規模の拡大とともに産業界の参加を仰ぐこと、京都・東京・石川金沢を中核に全国に連携関係を構築する機会となることを副目標とし企画いたしました。100の連携を目指してスタートし、最終的には111の機関の参加があり、そこでは複数の作り手団体、教育機関、文化系・産業系の振興団体が横断的に協力し合う関係ができました。なお、優良著名企業の皆様に祭典へのご協力をいただくことができ、予想よりも大幅に経費を抑えて開催することができました、今後も産業界のみなさまには、積極的に日本の工芸をインスパイアし高揚し活用する事業構築にご参加を仰ぎたいと考えております。全国に連携関係を拡げていく活動はまだまだ始まったばかりで小さいと言えますが、来年の石川・金沢における第三回においては「工芸と観光」元年として、全国規模のネットワーク構築を目標に活動を続けてまいります。
本実行委員会の活動が企業メセナ協議会によって2021ArtsFundの認定を受けていることは誠にありがたく、2軒がこの制度を通じて資金提供をくださいました。活動型ファンドとして、次年度の石川・金沢においての活動もご支援をいただきたくどうぞよろしくおねがいいたします。

創立25周年記念 国際音楽祭ヤング・プラハ

活動期間2016年 8月 26日 ~ 2016年 9月 30日

活動をしてみて

若手音楽家に貴重な音楽体験を経験してもらい、さらなる飛躍を期すること、同年代のこれからの音楽界を支える人材が知り合い、交流すること、という当初の目的は、期待以上に果たせた。 25周年という記念年を迎え、チェコ在住の邦人、日系企業の関心は高く、また地元チェコの方々が心の籠った協力をしてくれた。 チェコのFM放送のスタジオに招かれ説明をするとか、音楽専門誌のWEBで高く評価された。 チェコ音楽界の名士、ドヴォジャーク三世様 (作曲家 アントニン・ドヴォルザークの孫)もファイナルコンサートとレセプションに参加され、翌日は我々をドヴォルザークが20年間住まい作曲活動をした邸宅に案内してくれた。 同氏がヤング・プラハの25年にわたる活動と演奏のレベルの高さに感動され特別に招待されたもの。 チェコの音楽界でのヤング・プラハの認知をさらに広めるように配慮して下さったと理解している。
チェコにおける日本チェコ最大の民間文化交流活動の継続と拡充は今回の25周年記念音楽祭で一段と実を挙げたと信じている。

Page Top
PAGE TOP