芸術・文化支援サイト かるふぁん! -Fund for Culture-

企業メセナ協議会の
芸術・文化への寄付に関するポータルサイト

活動者の声

第30回演奏会「芥川也寸志の夢 九州・沖縄の作曲家たちによる交響作品展」

活動期間2016年 10月 20日 ~ 2017年 3月 30日

活動をしてみて

この度認定をいただきましたオーケストラ・ニッポニカ第30回演奏会は、複数の作曲家に新作委嘱を行なった為の費用及びそれらの作品の楽譜作製等の経費負担が重いものでした。私どもは従来から支出の緊縮には努めておりますが、年間の演奏会収支は経常的に赤字であり、団内の出資によって補填している状況です。そうした状況でも、社会的に意義のある活動を継続する為に、今回こちらの制度の認定を受け、広く個人や企業の募金を試み、複数の支援を得ることが出来ました。しっかり準備をすれば、更に支援の輪が広げられるのではないかとの感触を得ましたので、今後もこちらの制度を利用させていただきたいと思います。ありがとうございました。

オペラ彩第33回定期公演 オペラ「ラ・ボエーム」

活動期間2016年 7月 21日 ~ 2016年 12月 11日

活動をしてみて

2016年度は、国の内外で人気の高いプッチーニのオペラ「ラ・ボエーム」を取り上げました。クリスマス・イヴに出会った二人のつつましくも美しい愛の物語を軸に、パリに集う芸術家たちの青春を描いた今公演には関係者を含めて総勢200人が参加、日伊国交樹立150年にふさわしい、オペラ彩の意欲作となりました。来場者から感動のメッセージが数多く寄せられています。チケット申し込みの第一号は、遠く離れた北九州市の方でした。学生券は大阪の大学生と、公演への期待の高さを感じました。高校生・大学生の入場者が多かったことも今公演の特徴としてあげられます。ご支援下さいました多くの皆さまに感謝申し上げ、次回第34回定期公演に向けて準備を進めています。

親子で楽しむ古典人形芝居

活動期間2016年 8月 21日 ~ 2016年 8月 28日

活動をしてみて

今回初めて、地元、小平市内のアトリエ公演を行った。

小平市に拠点を置き12年になるが、まだまだ小平市に一糸座があることが認知されて
いないため、今回還元公演として大人も子供も楽しめる作品の上演を行った。

こんな劇団があることを初めて知った、とても良かったとの声を多く頂けたことは、
劇団としても、無理をして公演して良かったと思える公演だった。

今回は、どこからも支援を頂くことができなかったが、これからも引き続き行っていきたい。
また、公演活動と同時に、地域の子供たちに向けてワークショップも行っていきたいと
考えている。

第22回KAWASAKIしんゆり映画祭2016

活動期間2016年 7月 20日 ~ 2016年 11月 13日

活動をしてみて

 22年間にわたり新百合ヶ丘で開催してきた「しんゆり映画祭」は、映画を通して文化と街と住民・観客がつながる活動を続けてきました。年々活動資金の基本となる市からの助成金が減額されていくなか、映画祭が育んできた活動にご賛同いただき、サポートしていただける方々の力を集めて、どうにか22回目も無事に終了することができました。来年度もボランティアスタッフワークのほか、個人寄付やさらなる街や企業との連携などを模索していきたいと思います。

音和座

活動期間2016年 11月 23日 ~ 2017年 3月 20日

活動をしてみて

音和座を立ち上げて12回の公演が終わりました。
質の高い音楽と一流の活け花、美味しいお酒、等 日本の質の高い文化コラボレーションを目指して活動を続けております。最近では コンサートをする場所にも拘っております。

ただ いつも集客、資金集めが難しいと感じております。
スタッフもボランティアで動いて頂いている方が多いです。
ご寄付頂いた皆様には感謝の言葉しかございません。

今後も頑張っていきたいと思っております。

Page Top
PAGE TOP