芸術・文化支援サイト かるふぁん! -Fund for Culture-

企業メセナ協議会の
芸術・文化への寄付に関するポータルサイト

活動者の声

地域を元気づける郷土芸能活動

活動期間2017年 9月 26日 ~ 2017年 11月 30日

活動をしてみて

文化祭で郷土芸能発表が行われるようになって30数年経過している。学校にとっても地域にとってもなくてはならない活動の一つになっている。学校にとっては、生徒指導上の関わりにおいても必要なものであるし、地域社会の構成員としての自覚を持たせる上で重要な位置づけを担っている。また、地域においては、地域の文化を継承する上で大切な活動であると考える。文化祭が終わった時点で生徒たちは来年度への想いを馳せている。「来年はあの役に挑戦してみたい」「自分も来年は郷土芸能に挑戦してみたい」等々である。時代を担う若者たちを育成していく上で、次年度以降も継続していきたいと考えている。

熊本新町獅子保存会

活動期間2017年 7月 16日 ~ 2017年 9月 17日

活動をしてみて

熊本新町獅子保存会の活動は主に会員会費と新町界隈の方から寄付で行っています。今回のような震災による祭り備品の突発的な破損への修復等の対応が出来ない状況でした。備品破損のため今後の運営を心配していましたが、かるふぁんの文化行事への助成があること藤崎八旛宮社務所を通して知ることとなり今回始めて申請させて頂きました。お陰さまで例年通りに藤崎八旛宮秋の例大祭に豪華絢爛な色彩豊かな新町獅子を披露することが出来ました。多くの方の浄財により今回支えて頂いたことを会員一同とてもありがたく深く感謝してます。本当にありがとうございました。

なら国際映画祭2016

活動期間2016年 9月 17日 ~ 2016年 9月 22日

活動をしてみて

2010年に第1回目を歩み始めたなら国際映画祭も隔年開催で4回目を迎え、当初より志していた使命のいくつかを具体的に果たせるように成長してきたと感慨深い。今年度は奈良市からの補助金が全額削除されるという空前絶後の危機が起こったが、SOMPOアートファンドをはじめとした様々な助成、存続を希望する法人、個人からの寄付のおかげで乗り越えることができた。感謝に堪えない。
 2年前より予定していたプログラムの数々も天候不順で取りやめざるを得なかったものを以外は、開催することができた。未来へ向けての期待も含めて良い報告もたくさんさせていただくことが出来た。まずは安堵しているが、今後の当法人の事業がより良いものとなるために、たくさんのご意見を頂きたく希望している。助成してよかった、と心から思っていただける文化事業を開催できるよう今後も精進を重ねたい。

「311ドキュメンタリーフィルムアーカイブ」プロジェクト2016~3.11映像記録のこれまで、これから

活動期間2016年 6月 14日 ~ 2017年 3月 31日

活動をしてみて

震災記録映画の蒐集活動について、呼びかけを日々地道に行い、この1年で登録作品が100本に近づいてきたことは大変喜ばしい成果であると考えています。また、当アーカイブ事業で課題となっていた登録作品『DUBHOUSE 物質試行52』の上映用35ミリフィルムプリントの収蔵・保存について、プリントを新たに作成し当ライブラリーでの永年保存が可能となったことは、今年度の当事業の大きな成果の一つでした。11月の上映・ディスカッションイベントは、映画を含む芸術全体が震災復興に果たす役割を改めて考える機会となりました。ゲストより、震災の経験を伝えていく上で、芸術作品は見る者の知覚・記憶に深く結びつく表現や語りを持たなければならないというお話が出ましたが、金曜上映会での2回の震災特集上映でも、それぞれ映画のテーマやスタイルは異なるものの、感情や記憶をゆさぶる詩の力が、共通して作品の核となっていました。作中の詩の朗読で涙を流す観客の方もおられ、芸術そのものの持つ力と意味を再認識することができました。今後もこうした素晴らしい映像作品を集め、上映し、語り合う機会を持ち続けたいと考えています。
 アーカイブ事業はまだ未登録作品が200本以上残っており、制作年の若い作品の中には同意が難しいものも多く、ある程度時間を置きながら今後も継続して声かけを行なっていきたいと考えています。上映素材の保存事業においては、ビデオ・デジタル素材は現在Blu-rayでの保存が主流ですが、技術革新のスピードが速くいつまでこのディスクメディアが社会に流通しているか先行きが不透明です。そのため今後どのメディアが最も保存に適しているか継続的に情報を集め検討し、またその入手予算を確保しながら、保存用映像の適切な移設を行なっていく必要があります。
 同様のアーカイブ活動を行なっているせんだいメディアテークや国立国会図書館など他関連機関とさらに情報交換し連携を深めながら、映像を見て震災、来るべき大災害などについて話し合うことのできる場、映像記録を確実に史料として残していける場を永続的に確保していくことが当事業の使命であると改めて感じました。

陸前高田昔がたり共有活動

活動期間2016年 6月 14日 ~ 2017年 3月 31日

活動をしてみて

活動をして、予想以上に地域に必要とされていた事業であったことを実感している。事業の成果は以下のとおりである。

①記憶の共有・高齢者の活躍・世代間交流の場の創出
80歳~93歳の地元の高齢者を語り手に招き、9回でのべ360人が参加し、地域の昔の暮らしやまちの様子を学び、共有した。20代から90代が一同に会し、感想などを発言し合い聞き合う、貴重な世代間交流の場ともなった。

②昔のまちや暮らしの記録のアーカイブ作成
語りの音声を用いて「つみ語り」を試作し、様々な場所、機会に聞き直せるようにした他、語りの内容を詳細にテキスト化・冊子化し、未来に残した。

③地域への愛着の醸成
各回アンケートの中でも、「懐かしく感動した」「自分の住む地域に誇りを持つことを学んだ」などの声が寄せられた。また映像や音声、テキストでの発信により、現在他の地域に住む陸前高田出身者や当地域に関心を持つ全国の方々が、昔の陸前高田について理解を深めた。この活動を通して育まれた地域への愛着は、今後の地域づくりの根幹となると思う。

GB Fundの助成をいただいたおかげで、これらの成果を上げることができました。地域で大変好評をいただき注目を集める活動に成長することができたので、新年度も、活動を継続していくことにしております。本当にありがとうございました。

Page Top
PAGE TOP