芸術・文化支援サイト かるふぁん! -Fund for Culture-

企業メセナ協議会の
芸術・文化への寄付に関するポータルサイト

活動者の声

神山アーティスト・イン・レジデンス2019

活動期間2019年 4月 1日 ~ 2020年 3月 31日

活動をしてみて

今年度は4月から11月にかけて、21回目となる神山アーティスト・イン・レジデンスプログラム2019プログラム、自費で参加するAIRプログラムのBed&Studioプログラム、過去のアーティストを再度招聘するリターンアーティストプログラム、新しくスタートしたKAIRxABCDEFプログラムなど4つのプログラムを通じて、海外より10名、国内より2名のアーティストが滞在制作を行い、1年間を通じて、国際色豊かなアーティストと共に多様な芸術表現を共有する場となりました。

2019年度は新しい試みとして、これまでのKAIR、Bed&Studioプログラム、リターン・アーティストプログラムを発展させたプロジェクトとして、ベッド&スタジオ プログラムなどを利用し、長いスパンで神山に関わっているアーティスト達と共に「KAIRxABCDEF(A=art, B=base, C=culture, D=document, E=education, F=food)」をいう新しいプロジェクトをスタートしました。このプログラムを通じて、アーティストと共に建築や文化、記録、教育、食などの分野から神山町や徳島県内の職人や関係者との協力を得ながら、各分野でのプロジェクトやリサーチを開始することができました。このプロジェクトは2019年度に始まり、単年度で終了するのではなく、継続的にリサーチ、制作、展示をすることを目指し、今回実施したことで新たな可能性や将来性が明確になり、アーティストや協力者とともにひとつひとつのプロジェクトを深めながら進めていく予定です。
これまでの活動実績やアーティスト間での繋がりから、この数年の間に神山を核としたアーティストのネットワークが形成され、共にプロジェクトを企画するなど国内に留まらず、世界的な規模での神山を通じたネット―ワークが築かれつつあるという喜ばしい事象が生まれていることを再確認した年でした。
2019年度は海外の神山に近い環境(人口が700人~2000人)でアーティスト・イン・レジデンス事業を行っている団体(3団体)とのネットワークができ、今後は彼らとの関係性から新しく事業を展開させる方法を模索しています。建築やデザイン、パフォーマンス、アートなどあらゆる分野でのネットワークが神山を核として有機的に生まれており、彼らとともに神山AIRプログラムをさらに飛躍させる可能性を感じていると共に、今後も神山や世界各地で新たな動きや可能性が育まれる場となるよう制作やネットワークの場づくりに引き続き努めます。

あいちトリエンナーレ2019

活動期間2019年 4月 1日 ~ 2020年 7月 31日

活動をしてみて

「あいちトリエンナーレ2019」の主な特徴として、ロックやポップスなどのポピュラーミュージックを新たなプログラムとして加え、愛知芸術文化センターやまちなか会場でのライブパフォーマンスを通して、その魅力を伝えました。音楽プログラムを呼び水として、これまでトリエンナーレに関心がなかったお客様にもご来場いただき、賑わい、盛り上がりを創出できたと考えています。また、パフォーミングアーツの一環として、国際現代美術展の参加アーティストが、展示空間から活動の場を拡張し、作品をめぐるレクチャー形式のパフォーマンスや、作品を集団で鑑賞・議論する場を作る企画を初めて取り入れました。これは現代美術と舞台芸術を複合的に展開するあいちトリエンナーレならではの取組と言えます。更に、従来の「普及・教育」から「ラーニング」へと名称も改め、来場者の誰もが相互に学びあう事業を展開しました。
 まちなかでの展開については、名古屋市内の四間道・円頓寺の他、初めて豊田市内で展示や公演を展開し、それぞれの地域や会場の雰囲気に合わせた魅力ある作品展示を行いました。更には、設楽町・津島市・小牧市・東海市の県内4市町でも移動型展示「モバイル・トリエンナーレ」を実施し、多くの方に現代アートに触れていただく機会となりました。
 その結果、国内外から過去最高となる67万人を超える多くの皆様に御来場いただき、無事芸術祭を終えることができました。

六甲ミーツ・アート 芸術散歩2019 (第10回記念展)

活動期間2019年 4月 1日 ~ 2020年 3月 31日

活動をしてみて

2019年は鑑賞チケット購入者数が過去最高となり、継続開催により展覧会が浸透していることが実感できる。
第10回記念展として過去最多となる42組のアーティストが出展、プレイベントとして8月に「阪神なんば線ミーツ・アートinあまがさきProduced by 六甲ミーツ・アート 芸術散歩」を初開催するなど節目に相応しい規模で実施することができた。また旅行業登録により、ガイドによる解説付き貸切バスで巡る「オフィシャルツアー」を初開催、多くの方に六甲山上で楽しむアート作品の魅力を感じていただくことができたと考える。
公募作品のレベルも総じて高く、従来の各賞に加え新たに神戸市長賞、FM802賞を創設、行政や他企業・イベントとの連携強化により、アーティストへのサポートが拡充された。
今後もアートを通して六甲山の魅力や新たな価値との出会いや気づきの機会を提供できるよう、運営体制の更なる充実を図りたい。

ミュージック・フロム・ジャパン創立45周年音楽祭:第5回アーティスト・レジデンス

活動期間2019年 7月 1日 ~ 2020年 3月 31日

活動をしてみて

 創立45年周年、ミュージック・フロム・ジャパン2020年音楽祭、第5回アーティスト・レジデンスは、2月19日コロンビア大学でのテーマ作曲家小出稚子の作曲セミナーにより開始されました。パワーポイントの画面には小出が描いた楽しい絵が映し出され、教授3名を含む大学院作曲専攻学生たちに自作4曲を流し英語で説明、多くの質問があり大変盛り上がりました。
 21日は国際交流基金NY日本文化センターにて日米音楽シンポジウムが開催され、北米音楽批評家協会会員、米国人作曲家、そして日本から招いた音楽学者、作曲家とMFJ三浦など総勢10名がそれぞれの意見を述べ、日米間の世代を超えた貴重な情報交換の場となりました。
 22日の小出稚子個展では7曲が演奏され、特にMFJ委嘱曲「毘沙門」はフレッド・シェリ―の指揮のもと見事な演奏を得て、大きな拍手を浴びました。
 最終日は長木誠司が「アイデンティティなきアイデンティティの世代」のテーマのもと、講演では1920年代から現代までの日本の作曲家の歴史を述べ、引き続き開催した「選曲コンサート」では6名の若手作曲家の2014年以降に作曲された作品を紹介しました。最年少の小宮知久にMFJが委嘱したFor Formalistic Formal (SONATA?) Form For Fourは、解放弦のみでの演奏に弦楽四重奏団モメンタが挑戦し、聴衆は強い興味を示していました。
 両日コンサート後に開催した「フォーラムI」と「II」では、現代の若手作曲家が日本の伝統という意識を超えた作品を強調したとの意見を表出しましたが、最終的には経験、思考、生活などを含めた潜在的な日本のくらしが自身の作曲に反映されていることが分かり、大変面白いフォーラムになりました。
 いずれの会場も熱心に耳を傾ける聴衆に恵まれ、45周年を記念するに値する行事となったことに満足しております。

あいちトリエンナーレ2019

活動期間2019年 4月 1日 ~ 2020年 7月 31日

活動をしてみて

 「あいちトリエンナーレ2019」の主な特徴として、ロックやポップスなどのポピュラーミュージックを新たなプログラムとして加え、愛知芸術文化センターやまちなか会場でのライブパフォーマンスを通して、その魅力を伝えました。音楽プログラムを呼び水として、これまでトリエンナーレに関心がなかったお客様にもご来場いただき、賑わい、盛り上がりを創出できたと考えています。また、パフォーミングアーツの一環として、国際現代美術展の参加アーティストが、展示空間から活動の場を拡張し、作品をめぐるレクチャー形式のパフォーマンスや、作品を集団で鑑賞・議論する場を作る企画を初めて取り入れました。これは現代美術と舞台芸術を複合的に展開するあいちトリエンナーレならではの取組と言えます。更に、従来の「普及・教育」から「ラーニング」へと名称も改め、来場者の誰もが相互に学びあう事業を展開しました。
 まちなかでの展開については、名古屋市内の四間道・円頓寺の他、豊田市内でも初めて展示や公演を展開し、それぞれの地域や会場の雰囲気に合わせた魅力ある作品展示を行いました。更には、設楽町・津島市・小牧市・東海市の県内4市町でも移動型展示「モバイル・トリエンナーレ」を実施し、多くの方に現代アートに触れていただく機会となりました。

Page Top
PAGE TOP