芸術・文化支援サイト かるふぁん! -Fund for Culture-

企業メセナ協議会の
芸術・文化への寄付に関するポータルサイト

採択活動一覧

第1回日本ファゴットコンクール

ご寄付のお願い

 音楽は、国境を越えて人々の心を豊かに結び付ける、世界の共通言語であります。
私達は、ファゴットに携わる者として、一人でも多くの人々に、音楽というこの素晴らしい藝術に接して頂き、共に感動を分かち合う機会を持つ為に日々活動を続けております。
 因みにファゴットとは、低音複篝管楽器で、その起源は紀元前に遡り、祭礼時に打楽器と共に舞踏の伴奏に用いられるなど、人類の生活に密着した楽器として今日に至っています。我が国に於いても、雅楽や神楽(篳篥・笙)で重要な役割を担っている事は、周知のところであります。
 さて、私共日本ファゴット(バスーン)協会 Japan Bassoon Societyは、我が国のファゴットを愛する人々の、相互親睦、研究及び交流を図り、我が国の音楽文化向上に寄与する事を目的に、1993年4月に設立された組織です。ファゴットの普及、学術情報の共有、機関誌の発行が主な活動で、現在、全国に個人・法人会員を抱え、国際ダブルリード協会等各国の関係組織とも交流を深めています。これまでのメインイヴェントは、不定期開催のフェスティヴァルや随時開催のマスタークラスでしたが、この程、予てからの大きな目標の一つであった“コンクール”の開催を決定し、現在、実施に向けて準備を進めています。ファゴットの為に単独で行われる我が国初のコンクールという位置付けで、歴史に新たな一頁が書き加えられます。運営委員会としては、『ファゴット奏者のファゴット奏者によるファゴット奏者のためのコンクール』を標榜し、開催意義として次の三点を掲げています。

1.若いファゴット奏者に、演奏の機会を提供する。
2.課題曲を提示する事で、若いファゴット奏者のレパートリー拡張に寄与する。
3.将来、我が国音楽界を担うであろう若いファゴット奏者を発掘し、その育成に繋げる。

 ファゴットを愛し、演奏するという共通の目標を持った若者が国内外から集い、切磋琢磨できる機会を設ける事は、教育的に非常に有意義であると同時に、音楽文化のより一層の発展に繋がり、結果として文化振興にも大いに貢献できるものと自負しています。
 本コンクール開催に当たっては、専ら参加者から参加費を徴収して運営に充てますが、それだけでは全ての経費を賄い切れないのが実情です。諸事多難な折、誠に恐縮ですが、私共の趣旨にご賛同頂き、このコンクールを成功に導く為に、皆様のご支援を衷心よりお願い申し上げます。
 格別なご高配を賜れれば幸甚です。

日本ファゴット(バスーン)協会
会長 霧生 吉秀
--
開催概要
名   称 第1回 日本ファゴットコンクール
主   催 日本ファゴット(バスーン)協会
後   援 公益財団法人 日本音楽教育文化振興会
      日本バソンの会 関西ファゴットの会 信州まきたばの会
      北陸ファゴット協会 信州ダブルリード協会(申請中)
助   成 NPO法人 イエロー・エンジェル(申請中)
第一次予選 非公開審査(音源提出締切: 2018年5月中旬/予選通過者発表: 7月上旬)
第二次予選 2018年9月5日(水)
本   選 2018年9月6日(木)
会   場 練馬文化センター 小ホール(つつじホール)
参加予定者 130名

活動情報

活動ファンド 助成認定制度
申請時期 2017年 第4回
活動地域 全国
活動ジャンル 音楽
団体名 日本ファゴット(バスーン)協会
活動名 第1回日本ファゴットコンクール
活動名(ふりがな) だいいっかいにほんふぁごっとこんくーる
実施時期 2018年 1月 20日 ~ 2018年 9月 30日
会場 実施場所:練馬文化センター小ホール(つつじホール)
所在地 :東京都練馬区練馬1-17-37
WEBサイト https://jbs-fg.org/
寄付金額 / 目標金額
100,000 / 350,000

活動完了報告

 1.事業名称 2018年 第1回 日本ファゴットコンクール
 2.主  催 日本ファゴット(バスーン)協会
 3.助  成 特定非営利活動法人イエロー・エンジェル
 4.認  定 公益社団法人 企業メセナ協議会
 5.協  賛 日本ダブルリード株式会社 野中貿易株式会社
        株式会社 ビュッフェ・クランポン・ジャパン
        フオックスウインズ株式会社 株式会社タケダバスーン
        株式会社ドルチェ楽器 株式会社ヤマハミュージックジャパン
        管楽器専門店ダク
 6.寄  付 おおや歯科
 7.後  援 公益財団法人日本音楽教育文化振興会 日本オーボエ協会
        日本バソンの会 関西ファゴットの会 信州まきたばの会
        北陸ファゴット協会 長野県ダブルリード協会
        練馬区地域文化部
 8.事業開催期間 2018年9月5〜6日
 9.事業開催場所 練馬区立練馬文化センター小ホール(つつじホール)
10.実施概要
 ■開催日程
  ◆第一次予選(録音審査/非公開) 2018年5月16日〜6月29日
   ●第一次予選出場者   66名
  ◆第二次予選(公開) 2018年9月5日(水)11時開始
   ●第二次予選出場者   17名
  ◆本   選(公開) 2018年9月6日(木)13時開始
   ●本選出場者       6名
 ■入場者数       約200名(2日間)
 ■審査委員会
   審査委員長
    霧生 吉秀/JBS会長・昭和音楽大学客員教授
   審査委員(五十音順・敬称略)
    岡崎 耕治/JBS理事長・武蔵野音楽大学教授
    岡本 正之/JBS副会長・東京都交響楽団首席奏者
    河村 幹子/JBS会員・新日本フィルハーモニー交響楽団首席奏者
    佐久間 大作※/JBS理事・ 新日本フィルハーモニー交響楽団奏者
    菅原 恵子/ JBS会員・NHK交響楽団奏者
    中野 陽一朗/ JBS理事・京都市交響楽団首席奏者
    ヘルマン,ウルリッヒ※/シュトゥットゥガルト州立歌劇場管弦楽団首席奏者
    水野 一英/JBS理事・仙台フィルハーモニー管弦楽団首席奏者
    ※第二次予選及び本選のみ審査
 ■運営委員会
   運営委員長
    山上 貴司/JBS副会長・東京都立総合芸術高等学校講師
   運営委員
    多田 逸左久/JBS事務局長・尚美ミュージックカレッジ専門学校講師
    森井 禎久/JBS事務局次長・ウィーンシェーンブルン宮殿劇場管弦楽団首席奏者
11.活動の成果
運営委員会では、『ファゴット奏者のファゴット奏者によるファゴット奏者のためのコンクール』を標榜し、本コンクールの開催目的として次の三つを掲げた。
 ①若いファゴット奏者に、演奏の機会を提供する。
 ②課題曲を提示する事で、若いファゴット奏者のレパートリー拡張に寄与する。
 ③将来、我が国音楽界を担うであろう若いファゴット奏者を発掘し、その育成に繋げる。
本コンクールは、関係各位の支援により、上記三点の目的を達成し、概ね成功裡に終了できたと言える。特に③については、2019年開催の、関西ファゴットの会主催『第35回ファゴットフェスティバル』への第1位入賞者のゲスト演奏枠への招待の他、株式会社ドルチェ楽器主催の入賞者(第1〜3位)演奏会2公演(東京・大阪)の実現が既に内定している。

Page Top
PAGE TOP