芸術・文化支援サイト かるふぁん! -Fund for Culture-

企業メセナ協議会の
芸術・文化への寄付に関するポータルサイト

採択活動一覧

プロジェクトFUKUSHIMA!

活動情報

活動ファンド SOMPOアート・ファンド
申請時期 第3回
活動地域 福島県
活動ジャンル 美術、芸能、文学、音楽、演劇
団体名 特定非営利活動法人 プロジェクトFUKUSHIMA
活動名 プロジェクトFUKUSHIMA!
活動名(ふりがな) ぷろじぇくとふくしま
実施時期 2018年 4月 1日 ~ 2019年 3月 31日
会場 実施場所:福島市街なか広場、meetthings(福島市内オープンスペース)、旅館清山 他
所在地 :福島県福島市本町、福島県福島市上町、福島県福島市陣場町、福島県福島市飯坂町

活動完了報告

2018年5月5日〜6月3日 (期間中の土・日開催/計10日間) 「清山飯坂温泉芸術祭2018」 (福島市 飯坂町) 来場客 600人(招待者含む)
2018年8月11日、12日 (2日間) 「フェスティバルFUKUSHIMA!2018」(福島市 街なか広場) 参加者 3000人
2018年11月25日~2019年3月17日(全7回) スクールFUKUSHIMA!「祭りの再生」(福島市 ウィズもとまち 他) 参加者 400人
◇清山飯坂温泉芸術祭
・5月に音楽だけではないアート・美術や演劇等のフェスティバル「清山飯坂温泉芸術祭2018」を開催した。2018年度までは音楽中心の活動が多かったが、“FUKUSHIMA”の文化をより領域を広げ活動することに成功し、より“FUKUSHIMA”の現状を発信することができた。
◇フェスティバルFUKUSHIMA!2018
・昨年度は残念ながら雨天での開催となり来場者数が減少してしまった「フェスティバルFUKUSHIMA!」の盆踊りを2日間の開催とした。これにより、多くの人々に参加してもらえた。 「福島盆バンド」の再構築は実施できなかったが、以前より関わりのある「大友良英スペシャルビッグバンド」のメンバーを中心に、プロアマ混合のオーケストラFUKUSHIMA!による生演奏での盆踊りを行い、今後の活動の新しい指針となった。また、DJによる盆踊りを開催することで、これまでとは異なる盛り上がりを創ることができ、新たなアーティストとの交流も果たすことができた。そして、ハワイからは「マウイ太鼓」を招聘し、双葉盆唄の演奏も行うことで交流し、今後の海外への展開に向けて、前進することができた。
◇スクールFUKUSHIMA!
・福島市の祭り『福島わらじまつり」のプロデュースを受託することになり、「祭り」について深く学ぶ場としての講義を中心に行った。
「祭りの再生」というテーマで連続講義を開講し、市民と共にこれからの新しい伝統を産み出していくことについて考察を深めることができた。
シリーズ「祭りの再生」
第1回 11月25日「東南アジアの祭り」講師 大友良英
第2回 12月24日「ハワイと福島」 講師 岩根愛
第3回 1月31日「地域と祭り」 講師 大友良英、小口直孝
第4回 2月11日「祭りと物語」 講師 大友良英、渡辺あや
第5回 2月17日「祭りと踊り」 講師 大友良英、伊藤千枝子
第6回 3月2日「祭りと音楽」 講師 大友良英、芳垣安洋
第7回 3月17日「わらじまつりの再生・新しい伝統」 講師 大友良英、山岸清之進
番外編
・9月2日 「学校で教えてくれない音楽の授業」 講師 大友良英
・2月16日 アメリカ合衆国×プロジェクトFUKUSHIMA!「アートプロジェクト運営会議」
◇その他の活動
・「DOMMUNE FUKUSHIMA!」の放映 
・記録誌「プロジェクトFUKUSHIMA!」の更新
・2018年8月26日「アンサンブルズ東京2018」出演

Page Top
PAGE TOP