芸術・文化支援サイト かるふぁん! -Fund for Culture-

企業メセナ協議会の
芸術・文化への寄付に関するポータルサイト

採択活動一覧

三陸国際芸術祭2019

2014年から毎年開催してきた三陸国際芸術祭。
2018年11月、青森県八戸市から岩手県陸前高田市までの三陸沿岸市町村および民間団体が協働し、三陸国際芸術推進委員会を設立し、開催地を拡大してきました。
2019年度は、『触レル』をテーマに、
秋(10月26日-11月4日)、冬(3月1日-3月15日)の2回開催、10市町村で開催します。

三陸国際芸術祭は、三陸沿岸に脈々と続く『郷土芸能』の祭典。
生活とともに伝えられてきた三陸の文化。
文化をまるごと体験できるよう、観るだけではなく、さまざまな体験プログラムを用意しています。

3月に開催される冬プログラムをご紹介!
◎ 神楽宿おもてなし体験
権現様に神を宿し、地域をまわり、人々の無病息災を祈り歩く神楽。
その神楽をお迎えする神楽宿。
「神をお迎えするにはどんな準備するんだろう?」
「座敷ですぐ近くで舞う生の神楽ってどんな迫力なんだろう?」
神楽を観るだけではなく、神楽が根付く地域の生活文化に「触レル」貴重な機会です!
日時|3月8日[日] 10:00〜20:30
会場|堀内地区漁村センター(普代村第20地割、三陸鉄道 堀内駅より徒歩5分)
定員|10名(要予約)
料金|3,000円

◎ 神楽宿で神楽
神楽宿となっている地域の公民館で、地域の方たちとともに近くで鵜鳥神楽をお楽しみいただけます!
日時|3月8日[日] 13:30〜16:30
会場|堀内地区漁村センター(普代村第20地割)
定員|100名
料金|御花料(小銭などを入れて、感動や感謝の気持ちをお伝えする風習)

*三陸鉄道は現在、台風19号の影響により、代行バスによる運行を行なっています。
参加をご希望される方は、事務局までご連絡ください。(MAIL: info@sanfes.com)

◎ 洋野芸能交流会
岩手、青森、秋田にまたがる旧南部領内に伝わる「ナニャドヤラ」は日本最古の盆踊りと言われ、集落ごとの特徴と多彩なバリエーションは数百種類にも及ぶとされています。
マレーシアの海洋民バジャウ族が、洋野町のナニャドヤラ団体を訪ねます。
芸能どうしが「触レル」瞬間をご覧あれ!
日時|3月12日[木] 18:30〜20:30
会場|中野漁村センター(洋野町中野第10地割21)
出演|中野ふじの会(洋野町)、バジャウ伝統音楽舞踊団(マレーシア)

◎ 三陸下北芸能交流会
昨年から開催している「三陸下北芸能交流会」。
今回は、マレーシアから海洋民バジャウ族のみなさんが来られ、三陸地域の芸能と交流します。
言葉の壁を超えた先にある、芸能による交流。
不思議と違和感なく混ざり合う様は、芸能への新しい視点を与えてくれるはずです!
日時|3月14日[土] 13:30〜16:00
会場|アズビィホール(田野畑村和野278-3)
出演|甲地鹿踊、大宮神楽(田野畑村)、バジャウ伝統音楽舞踊団(マレーシア)
料金|無料
定員|100名

◎ 三陸芸能列車 宮古〜田野畑
バジャウ族のみなさんとともに、三陸鉄道に乗って、田野畑村へ!
(三陸下北芸能交流会を見に行きます)
三陸の海を見ながら、マレーシアの海洋民族の踊りを見るのはいかがでしょうか??
車内では、宮古名物瓶ドン(1,500円)や海鮮弁当(1,300円)をお楽しみいただけます!(要予約)
日時|3月14日[土] 11:45〜18:10
会場|三陸鉄道 宮古駅集合
出演|バジャウ伝統音楽舞踊団(マレーシア)
料金|3,000円(往復運賃含む)
定員|30名(要予約)
主催|三陸鉄道株式会社
旅行企画・実施・お申込先|三鉄ツーリスト(TEL 0193-71-1170)*添乗員は同行しません

◎ 三陸芸能短期留学発表会&トークセッション ー芸術から営みへー
夏に三陸地域に滞在し、芸能に触レたアーティストたちからあふれる表現の数々。
日々の営みにおけるこれからの芸術の姿をいっしょに考えませんか?
日時|3月14日[土] 19:00〜21:30
会場|シネマ・デ・アエル(東屋さんの蔵)
出演|〈第一部発表会〉北野留美(イラストレーター)、佐藤公哉(音楽家・作曲家)、渋谷裕子(ダンサー・振付家・役者)・大部仁(音楽家)、まだこばやし(ダンサー・和太鼓奏者)、〈第二部トークセッション〉第一部出演者、柴幸男(劇作家・演出家・ままごと主宰)、小岩秀太郎((公社)全日本郷土芸能協会・東京鹿踊代表)、前川十之朗(みんなのしるし合同会社代表)、進行:坂田雄平(三陸国際芸術祭総合ディレクター・宮古市民文化会館プロデューサー)

このほかにもまだまだプログラムはあります。
詳細は三陸国際芸術祭公式HPをご覧ください https://sanfes.com/


自然の造形美であるリアス海岸を誇る三陸沿岸地域。
ここは、数多くの郷土芸能の団体が存在する、世界でも類を見ない芸能の宝庫です。
幾世代もの伝承を経て地域に根付き、今も脈々と受け継がれている芸能。
その魅力を世界に伝えること。同様に世界のあらゆる地域に点在する多くの芸能との交流を生み出すこと。
三陸国際芸術祭は、世界中の多様な文化と芸術が混ざり合い、創造的な時間を分かち合います。

『触レル』
触レルは交わりのはじまり。
営みと芸能、その文化と様式は語り尽くせぬほどの衝突と融合の果てにあります。
海と山と里の往来で人に触れ、ゆるやかに営みは変化し続けてきました。
そして未知への畏敬と祈りから、神や獣、霊に触れ、
人ならざるものの視点を借り受けながら、芸として形をなしてきました。

私たちが再び芸能に触れる。
また同時に地域に根ざす芸能が海外の芸能や現代の芸術に触れる。
その相互の接触から、過去を読み解き、現在を更新し、新たな未来に向け、 ここ三陸から歩んでいきます。

活動情報

活動ファンド SOMPOアート・ファンド
申請時期 第4回
活動地域 岩手県
活動ジャンル 美術、生活芸術、舞踊、芸能
団体名 三陸国際芸術推進委員会
活動名 三陸国際芸術祭2019
活動名(ふりがな) さんりくこくさいげいじゅつさい
実施時期 2019年 4月 1日 ~ 2020年 3月 31日
会場 実施場所:リアスホール、キャッセンなど(大船渡)、まちにわ、はっち(八戸)など
所在地 :大船渡市、宮古市、八戸市、釜石市の各所
Page Top
PAGE TOP