芸術・文化支援サイト かるふぁん! -Fund for Culture-

企業メセナ協議会の
芸術・文化への寄付に関するポータルサイト

採択活動一覧

PARADISE AIR LONGSTAY Program

活動情報

活動ファンド 助成認定制度
申請時期 2019年 第1回
活動地域 東京都
活動ジャンル 美術
団体名 一般社団法人 PAIR
活動名 PARADISE AIR LONGSTAY Program
活動名(ふりがな) ぱらだいすえあろんぐすていぷろぐらむ
実施時期 2019年 3月 1日 ~ 2020年 3月 31日
会場 実施場所:松戸駅周辺
所在地 :PARADISE AIR、松戸観光案内所と周辺公共施設、空間。

活動完了報告

国際的な活躍を目指すアーティストを海外から公募・招聘し、合計約3ヶ月間の滞在制作を支援した。渡航費、制作費、日当などの経済的な支援はもちろん、専門的なスタッフによる技術的な支援や生活、制作、研究などのサポートを提供。「地域との対話を楽しめること」を参加条件にしており、審査では専門家だけでなく地域住民も巻き込みながら、多様な視点でアーティストの選出を行った。
今年度より初めて、滞在期間をリサーチ・実験期間(招聘①)と制作・発表期間(招聘②)に分けて実施することで、アーティストには幅広い視点の獲得と深い理解を促した。滞在中には地域住民との交流を通じ、地域資源を活かしたアーティスト・イン・レジデンス事業そのものに問いかけるアート・パフォーマンスを行なった。

招へいアーティ+スト・グループ:bi-
エンリコ・フロリディア(イタリア)
アンゲリキ・ゾルザカキ(ギリシャ)
ジェローム・ドゥ・ヴィエンヌ(フランス)

1. 公募
公募テーマ:Unknown Pleasures(知られざる喜び)
公募期間:2019年4月1日(月)〜4月30日(火)
応募件数:605件(80カ国/地域) 倍率:605倍

2. 審査
一次審査 審査員:PARADISEAIRコーディネーター、長谷川新(インディペンデントキュレーター)

二次審査 審査員:星野太(哲学者/金沢美術工芸大学講師)、長谷川新(インディペンデントキュレーター)

最終審査(※一般公開) 審査員:ヴァスコ・ムラオ(LONGSTAY Program 2015招聘アーティスト)、後藤智生(株式会社浜友商事)、星野太、堀内奈穂子(NPO法人アーツイニシアティヴトウキョウ[AIT/エイト]キュレーター)、堀尾眞誠(松戸まちづくり会議会長)
白井宏之(松戸市経済振興部文化観光国際課長)

3. 招聘①:2019年7-8月
グループ内の一人エンリコ・フロリディアが先行して来日。提案に応じてリサーチ、場所の見学、関係者への面会、制作プランの検討などを行なった。滞在終盤には松戸の喫茶店にて「公開企画会議」イベントを行 なった。フロリディア、PARADISE AIRスタッフ、地元市民、Skypeでつないだbi-メンバーによる議論で、アーティストの提案 がより現実的かつ広がりのあるものとなっ た。

4.招聘②:2019年10-12月
bi-メンバー全員揃っての来日。まず、地域の町会・自治会主催の歓迎会 や松戸市長訪問をおこなう。その後、PARADISE AIRの建物内で彼ら独自のアーティスト・イン・レジデンスを開く「bi-PARADISE」を試みた。滞在者の公募・一週ずつ2回の受入れ・滞在のコーディネートを通じてレジデンスの可能性や日常の中にあるクリエイティビティを紐解くアート・パフォーマンスとなった。滞在期間中には「bi-PARADISE」の活動を伝えるイベントを開催した。
・10月11日 bi-PARADISE前夜祭
・11月5日  ワークショップ「非効率こそ人生の秘訣」
・11月16日 bi-PARADISE後夜祭
・12月8日  bi-PARADISE 記録上映会

5. 招聘後
アーティスト帰国後にも継続的にアーティ ストとの交流を続け、日本の芸術文化を各国から発信した。また、年間ドキュメントの制作を通じて滞在についてのフィードバックを得てプログラム改善に活かしている。

【Web上の告知】
http://paradiseair.info/activity-category/long

Page Top
PAGE TOP