芸術・文化支援サイト かるふぁん! -Fund for Culture-

企業メセナ協議会の
芸術・文化への寄付に関するポータルサイト

採択活動一覧

東京タワー文化フェスティバルIV

東京タワー文化フェスティバル IV
 今回の東京タワー文化フェスティバルIVでは特に、2020年を迎えるにあたって、“世界の文化”に特化し、世界の文化と日本の文化をコラボレーションし新しいクリエイションの作品を世界に東京タワー展望台から配信します。

2020年1月18,19日東京タワー展望台特設ステージ、東京タワーホール

1)東京タワー展望台特設ステージ
2019年10月22日に紀尾井ホールで行われる世界的演奏家による“ワールドコラボレーションコンサート”で行われた、ウズベキスタン、ウクライナ、アルゼンチンと日本のコラボレーションをはじめ、港区の各国大使館(ルーマニア、ガーナ、スイス、フィンランド、チリ、等(過去実績))の協力を得て、世界各国の民族民族楽器のコラボレーションによる最新音楽作品や世界の文化を紹介する国際交流イベント。リニューアルオープンした東京タワーの展望台より、一流演奏家による伝統音楽から先端芸術まで、日本文化と各国文化を世界に生!配信しますので、応援どうぞよろしくお願いします。
ご寄付により、海外からの民族楽器奏者に参加して頂く予定です。

2)東京タワーホール
1. 日本在住の外国人や留学生と日本人の学生が一緒に日本の伝統楽器コンサートを行います。
昨年は100人での大合奏SAKUR SAKURAを行いましたが、今年は、さらに規模を各出して、今まで邦楽に触れる機会の無かった子供たちに多くの機会を提供します。
小学生〜大学院生までが、日本の伝統楽器・箏やコーラスの練習をとおして、日本人学生と留学生やインターナショナルスクールの子供たちがコミュニケーションをし、交流を深めます。
さらに、高校総合文化祭参加校等ハイレベルの学生による演奏も楽しめます。
一緒に日本の伝統文化を学んだり、演奏することで、文化の担い手を次世代へ繋げます。言葉が通じなくても音楽は一緒に楽しむことができます。多くの子供たちに参加してもらう企画です。
ご寄付により、参加校の数を増やすことができますので、どうぞよろしくお願いします。

2. アートからみた音楽との恊働企画
 東京タワー文化フェスティバルでは、これまで、ネイルアートよる80カ国コラボレーション、世界の楽器展示、港区工芸士展示、日本伝統楽器展示、アート作品展示など音楽以外のプログラムも多数開催しています。東京タワー文化フェスティバルIVでも、様々な、芸術とのコラボレーションを計画しています。

活動情報

活動ファンド 助成認定制度
申請時期 2019年 第1回
活動地域 東京都
活動ジャンル 美術、音楽
団体名 文化発信促進委員会
活動名 東京タワー文化フェスティバルIV
活動名(ふりがな) とうきょうたわーぶんかふぇすてぃばるふぉー
実施時期 2019年 4月 1日 ~ 2020年 3月 31日
会場 実施場所:東京タワー
所在地 :〒105-0011 東京都港区芝公園4丁目2−8

活動完了報告

"<東京タワー文化フェスティバル IV>
1)メイン企画
1月19日 東京タワー展望台(東京タワー展望デッキ)
1月18日 東京タワータワーホール(東京タワーフットタウン地下1階)、
東京都港区芝公園4-2-8

<メイン企画詳細>
1. 国際交流Part1
留学生と港区の子ども達による邦楽コンサート(全席無料)
場所:東京タワー地下ホール
日時:2020年1月18日土曜日
12:00-13:00港区在学国内外の子供と留学生のための国際交流リュパーティ
13:30開演
箏の合奏、コーラスと箏、弦楽合奏と箏、ウクライナの文化紹介、英語で落語(お菊の皿)、ギジャク(ウズベキスタンの楽器)と箏の合奏など世界と日本の伝統楽器がコラボレーション。
出演は、インターナショナルスクールや留学生、港区の子供達や、全国大会に出場するハイレベルの聖徳大学附属取出女子高校など。ゲストにYORIKO,安藤珠樹,イスモノフ・ウミッドジョン・バボティロビチュ,流水亭はなび。

・結果(2020年1月18日土曜日)
東京タワー地下ホール 500名。(来聴者:400名、出演者100名)
来場者:港区内の留学生インターナショナルスクールの生徒と保護者、港区の小中学生と保護者、大使館関係者、その他関係者。東京タワーへの外国人観光客、その他一般来場者等。

2. 国際交流Part2
ワールドコラボレーションコンサート 2 @Tokyo Tower

日時:1月19日15時から16時
場所:東京タワーメインデッキClub333

・伝統と現代音楽コラボレーションコンサート

・ウズベキスタンと日本のコラボレーション
ウズベキスタン大使館からウズベキスタンの紹介
ウズベキスタン文化紹介と伝統音楽から現代の新曲初演まで
出演は、チェロ:山澤慧、
箏:安藤珠希
ギジャク:イスモノフ・ウミッドジョン・バボティロビチュ。

・オーストラリア
オーストラリアの文化紹介と伝統音楽から現代音楽
出演は、
箏:重成礼子、尺八:大河内淳矢、
ディジュリドゥ:哲J、チェロ:井上雅代、打楽器:河内琢夫

・結果(2020年1月19日)
東京タワー展望台メインデッキ特設スタジオ 250名(各回座席70名、立見50名、出演者10名)
来場者:大使館関係者、出演者やその他の他関係者。東京タワーへの外国人観光客、その他一般来場者等。

2)サブ企画

・東京タワー文化フェスタティバル IV 広報コンサート
ワールドコラボレーションコンサート@紀尾井ホール 2019年10月22日
  (東京2020応援プログラム)
来場者:550名、出演者20名
来場者:一般来場者、大使館関係者、その他関係者。

・Minato Meet the World@東京タワー地下ホール 2019年11月30日
(東京2020参画プログラム)
昨年の東京タワー文化フェスティバルではその成果として、コラボレーション新作初演が促進されました。本年度の東京タワー文化フェスティバルでは、まずサブ企画として、音響の良いホールでトップアーティストによる国際交流コンサートを行い、平行して港区の学生の国際交流ワークショップを行いました。そして、それらの成果を世界に発信する場として、東京タワーにて東京タワー文化フェスティバルIVを東京タワー地下ホールとリニューアルオープンしました東京タワー展望台にて開催し、同時生配信で世界に配信しました。

参加者:80名、
来場者:港区内の留学生インターナショナルスクールの生徒と保護者、港区の小中学生と保護者

ーーーーーー
総計:1500名

なお、参加し、美術展示を担当することを承認・決定した企画団体より企画決定後の参加取りやめの連絡を急遽受け、代替え案の用意が期間的に間に合わなかったため、予定していた美術展は未開催となった。

Page Top
PAGE TOP