芸術・文化支援サイト かるふぁん! -Fund for Culture-

企業メセナ協議会の
芸術・文化への寄付に関するポータルサイト

採択活動一覧

第15回大分アジア彫刻展

活動情報

活動ファンド 助成認定制度
申請時期 2019年 第3回
活動地域 大分県
活動ジャンル 美術
団体名 大分アジア彫刻展実行委員会
活動名 第15回大分アジア彫刻展
活動名(ふりがな) だいじゅうごかいおおいたあじあちょうこくてん
実施時期 2019年 8月 1日 ~ 2021年 3月 31日
会場 実施場所:朝倉文夫記念文化ホール
所在地 :大分県豊後大野市

活動完了報告

1 審査関連
○第15回大分アジア彫刻展作品の公募
(1)期 間  令和元年8月1日(木)~12月21日(土)
(2)内 容  第15回展に向けた作品公募を実施。

○専門委員会及び第一次審査会
 新型コロナウィルスの影響により書面開催に変更し実施。応募があった311点の中から、63点を選出した。

○第二次審査会及び最終審査会
 新型コロナウイルスの影響により、第二次審査は書類審査にて入選作品となる27点を選出し、最終審査会にて入賞作品7点を決定した。
 
○第二次審査会(書類審査)
期  日:令和2年5月26日(火)
内  容:第一次審査を通過した63作品の中から入選作品27点を選出。
 
○最終審査会
期  日:令和2年11月17日(火)
場  所:朝倉文夫記念文化ホール 
内  容:第二次審査を通過した27作品の中から入賞作品を決定。
(大賞1点、優秀賞6点)

2 大分アジア彫刻展実行委員会
期  日:令和2年7月6日(月)
場  所:トキハ会館 5階「カトレア」 
内  容:令和元年度事業実績・収支決算
令和2年度事業計画(案)・収支予算(案)を審議。

3 「巨大寝ころび招き猫」の豊後大野市への移設
(1)毛づくろいワークショップの開催
期  日:令和2年8月30日(日)
場  所:大分市荷揚町昭和通り交差点及び大分県立美術館2階「研修室」
内  容:サンドペーパーによる磨き作業(毛づくろい)と、猫型の木板に色付をして絵馬を完成させるワークショップを実施した。
参加人数:34名

(2)お別れセレモニーの開催
期  日:令和2年9月4日(金)
場  所:大分市荷揚町昭和通り交差点
内  容:招き猫制作関係者及び県内のラグビーフットボール関係者により、お別れセレモニーを実施。

(3)豊後大野市(朝倉文夫記念公園)への移設(返却)
期  日:令和2年9月5日(土)
内  容:大分市荷揚町昭和通り交差点から朝倉文夫記念公園円形広場へ移設した。

4 展覧会事業
(1)第15回大分アジア彫刻展(本展)
期  日:令和2年10月10日(土)~11月29日(日) (51日間)
場  所:朝倉文夫記念文化ホール
内  容:入賞作品を含む入選27作品を展示。
入場者数:1,619名

①開会式(テープカット)
  本展開催初日である、令和2年10月10日(土)に開催する予定だったが、台風の接近により中止。

(2)第15回記念特別企画「渡辺長男(おさお)・大塚辰夫コーナー展示~三兄弟展~
期  日:令和2年10月10日(土)~11月29日(日) (51日間)
場  所:朝倉文夫記念館第3展示室
内  容:朝倉文夫に影響を与えた実の兄で彫塑家の渡辺長男の彫刻作品6点と、朝倉から彫塑の指導を受けた弟、大塚辰夫の彫刻作品4点、写真パネル6点、合計16点を朝倉文夫の作品とともに展示。
入場者数:1,443人

(3)紹介展"現代(いま)のかたち"の開催
  本展終了後、受賞作品の紹介展を開催し、多くの県民に鑑賞の機会を提供。
①(vol.24)大分銀行本店
期  日:令和3年1月20日(月)~2月26日(金) (37日間)
場  所:大分銀行本店 1階 ロビー
内  容:第15回展大賞作品7点の展示

②(vol.25)大分県立美術館
期  日:令和3年2月27(土)~3月11日(木)(13日間)
場  所:大分県立美術館 1階 アトリウム
内  容:第15回展の入賞作品7点の展示

(4)入選作品、入賞作品の動画による紹介
 コロナ禍で本展に招待できなかった受賞作家等に向け、入選作品及び入賞作品の紹介動画を制作し、YouTubeで配信。

5 教育普及事業
(1)朝倉文夫・アジア彫刻展教育普及活動
①出前授業
期  日:令和2年12月~令和3年3月
場  所:小学校、公民館(10か所実施予定)
内  容:朝倉文夫の功績を伝え、彫刻への興味関心を高めるため、県内の小学校や公民館を訪問し、朝倉文夫の彫刻作品の鑑賞、樹脂粘土を使ってオリジナルのマグネットを作成する等のワークショップを実施。
参加者数:105名
 
②小・中学生等鑑賞授業
期  日:令和2年10月から11月(本展会期中)
場  所:朝倉文夫記念文化ホール
内  容:豊後大野市と連携し、市内の小学校11校と中学校7校の児童・生徒を招待。「かんしょうのしおり」を活用した鑑賞授業を実施し、本展、朝倉文夫作品、三兄弟展、巨大寝ころび招き猫の鑑賞を通じ、彫刻の魅力を伝えた。
参加者数:598名

6 地域活性化事業(地元住民との交流事業) ※台風の接近により中止
期  日:令和2年10月10日(土)
場  所:朝倉文夫記念文化ホール他
内  容:地元住民による郷土芸能の実演等を実施。

Page Top
PAGE TOP