芸術・文化支援サイト かるふぁん! -Fund for Culture-

企業メセナ協議会の
芸術・文化への寄付に関するポータルサイト

採択活動一覧

第5回紀州の民話をオペラに公演ミュージカル「KOUME」

ふるさと和歌山を愛してやまない音楽家と志を同じくする仲間たちの思いが詰まった活動です。ふるさと讃歌紀州路100曲(作詞/梅田恵以子 作曲/森川隆之)をはじめ、根来の子守唄など、大切に守りたい、伝えたい歌たちとの出会いの中、家庭の中で語られることが少なくなった昔話を音楽劇や歌曲にして、その中に秘められた貴重なメッセージを次の世代を担う子どもたちに、いいえ今を生きるおとな達にも伝えたいと思うようになりました。
岩出市教育委員会の依頼での新作音楽劇「住蛇が池の花嫁」を皮切りに漕ぎだした活動も回を重ねてまいりました。コロナの影響が懸念される中、若き作曲家對馬時男氏を迎え、新たな境地でミュージカル「KOUME」を制作いたしました。 感染症対策を万全に未来に続く普遍性を持った活動になるよう、会員とともに進んでまいります。
温かいご支援ご指導賜りますようよろしくお願い申し上げます。

■あらすじ■
ミュージカル「KOUME」それは、世の流れと自分を取り巻く人々の身近な生活を日記につけた女性、川合小梅さんの物語です。
妻であり母であり、才能豊かな小梅さんは、日本画に秀でていました。
頼まれれば気さくに屏風やふすまに絵を画いたり、子どもたちには小さな色紙にかわいい絵を何枚も画いてあげたり、お礼は、「お気持ちで」との欲の無さが評判です。
5歳で父を亡くし、母と祖父に育てられた小梅さんは、16歳の時10歳年上の梅本豹蔵さんを婿養子に迎え、30歳でひとり息子の雄輔をもうけました。
舞台は、慶応3年(1867)ええじゃないか騒動の場から始まります。
小梅さん65歳、夫の豹蔵さん75歳❕ 世情不安を嘆き歌う豹蔵さんのもとへ、芝居から小梅さんが帰ってきます。その楽しかったこと、また当時開かれていたパリ万博の日本館の評判をあたかも観てきたように歌う小梅さん。
そのくったくのなさに豹蔵さんの心もしだいに晴れ、二重唱「心は海越え、山を越え」を仲むつまじく歌います。ここから先は、三味線、箏、尺八、太鼓など音曲に一流の奏者をお迎えして、日本情緒豊かな展開を迎えます。
ひとり息子雄輔の嫁お鹿野の母であり、小梅さんの無二の親友黒田きせの登場に始まる龍馬暗殺と紀州藩リストラ物語~小梅の回想「安政の大地震の場」など見どころいっぱいの舞台をぜひお見逃しなくお楽しみください!

活動情報

活動ファンド 助成認定制度
申請時期 2020年 第4回
活動地域 和歌山県
活動ジャンル 音楽、演劇
団体名 紀州の民話をオペラに実行委員会
活動名 第5回紀州の民話をオペラに公演ミュージカル「KOUME」
活動名(ふりがな) だいごかいきしゅうのみんわをおぺらにこうえんみゅーじかるこうめ
実施時期 2020年 3月 1日 ~ 2021年 7月 24日
会場 実施場所:和歌山市民会館小ホール
所在地 :和歌山県和歌山市伝法橋南ノ丁7
寄付金額 / 目標金額
Page Top
PAGE TOP