芸術・文化支援サイト かるふぁん! -Fund for Culture-

企業メセナ協議会の
芸術・文化への寄付に関するポータルサイト

採択活動一覧

苫野美亜プロデュース Dance Performance LIVE #7 「十四夜月 クラシックからポストクラシカルへ」

全国区で活躍する舞踊家・振付家の苫野美亜が、神戸ファッション美術館オルビスホール
にて独創的且つ個性的なダンス作品を発表いたします。
本公演は令和3年度(第76回)文化庁芸術祭参加作品として上演致します。
神戸ファッション美術館名誉館長コシノヒロコ氏が後援を務めます。
独創的且つ個性的なダンス作品で定評のある苫野美亜作品を、次代を担う若手ダンサーと
NBAバレエ団プリンシパルの佐藤圭がエネルギッシュな舞を披露します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
令和3年度(第76回)文化庁芸術祭参加作品
苫野美亜プロデュース Dance Performance LIVE #7
【タイトル】十四夜月 クラシックからポストクラシカルへ

【日程】2021年 10月31日(日)開場13:00 開演13:30/開場16:30 開演17:00
【会場】神戸ファッション美術館 オルビスホール 神戸市東灘区向洋町中2-9-1
【入場料】全席自由3,500円(当日4,000円)

【出演】小倉彩加、横山翼、山田琴音、井上良太
斎木なつめ(ヴァイオリン)、石井麻依子(ピアノ)、佐藤圭(NBAバレエ団プリンシパル)
竹内みさよバレエアカデミー:岡田みなみ、元木香里、苗村綾、西川華乃、中谷優杏、渡辺花、藤原咲花 赤枝美香 木村光 山口莉子 藤原陽菜 小林陽花

【スタッフ】
企画・制作・振付・プロデュース:苫野美亜
舞台監督:難波まはる
照明:馬宮攝子(有)大道具サンシャイン
映像:戸澤徹、渡邉昌代
衣裳:岩戸洋一、本柳里美、荒谷瑞穂、柴田裕美子
宣伝美術:寺坂薫[kalin]

後援:コシノヒロコ(ファッションデザイナー、神戸ファッション美術館名誉館長)
公益財団法人 兵庫県芸術文化協会
助成:公益社団法人企業メセナ協議会 GBF/芸術・文化による新型コロナウイルス災害支援
   公益社団法人企業メセナ協議会 2021芸術・文化による社会創造ファンド
公益財団法人神戸文化支援基金、文化庁「ARTS for the future!」補助対象事業
協力:神戸ファッション美術館
https://kalin-net.com/dance/Juyoyazuki.pdf

活動情報

活動ファンド 2021 芸術・文化による社会創造ファンド 2021 Arts Fund
申請時期 2021年 第2回
活動地域 兵庫県
活動ジャンル 舞踊、音楽
活動者名 Dance Performance LIVE制作委員会
活動名 苫野美亜プロデュース Dance Performance LIVE #7 「十四夜月 クラシックからポストクラシカルへ」
活動名(ふりがな) とまのみあぷろでゅーすだんすぱふぉーまんすらいゔなんばーせゔんじゅうよやづきくらしっくからぽすとくらしかるへ
実施時期 2021年 2月 25日 ~ 2021年 11月 13日
会場 実施場所:神戸ファッション美術館 オルビスホール
所在地 :兵庫県神戸市東灘区向洋町2-9-1

活動完了報告

©︎植村耕司

【企画の名称】
苫野美亜プロデュース Dance Performance LIVE #7 「十四夜月 クラシックからポストクラシカルへ」

【公演概要】 伝統的なクラシックの教育を受けた音楽家と舞踊家たちが、 クラシックの概念に囚われず現代的な感覚と手法を用い、 ポストクラシカルの楽曲と苫野美亜の振付と演出による作品を 2部構成で上演する。 第76回文化庁芸術祭参加公演として実施した。

【趣旨・目的】 2000年以降、音楽界ではポストクラシカルというジャンルが注目されるように なってきた。 一方、舞踊界ではコンテンポラリーダンスというジャンルが時流 を象徴している。
本公演のプロデュースを務める 苫野は、クラシックバレエのアカデミックな教 育を受けた後、数々の現代作品を創り上げているが、本公演ではより 原点であるクラシックをベースに「観やすさ」と「聴きやすさ」に 注力した作品を上演する。
昨今の世界的な危機を乗り越えようとする活力になるよう、多くの人々に寄り 添う優しさがあるポストクラシカルと いうジャンルを、音楽とダンスによって広く 浸透させ新しい価値観を創出することを目的としています。

【公演日】
2021年10月30日(土) 舞台稽古 10月31日(日) 本番

【会場】 神戸ファッション美術館 オルビスホール

【出演者・スタッフ】
ダンス:小倉彩加、横山翼、山田琴音、井上良太、佐藤圭(NBAバレエ団プリンシパル)、竹内みさよバレエアカデミー
音楽:石井麻依子(ピアノ)、斉木なつめ(ヴァイオリン)
映像:上仲敏郎
撮影:戸澤徹
宣伝美術:寺坂薫
企画・制作・振付・プロデュース:苫野美亜

【助成・後援】
助成:公益社団法人企業メセナ協議会 GBF/芸術・文化による新型コロナウイルス災害支援(交付決定)
神戸文化支援基金
後援:コシノヒロコ(神戸ファッション美術館名誉館長)、兵庫県芸術文化協会

【プログラム】 上演時間 1時間30分
第1部 (35分)
1、『Written on the Sky』 山田琴音、小倉彩加
2、『In The Middle Of The Bridge』 横山翼 映像:上仲敏郎
3、『Untitled(Figures)』 竹内みさよバレエアカデミー
4、『Modulation』 山田琴音、井上良太
5、『Wild Swan』 小倉彩加 演奏:石井麻依子、斉木なつめ
6、新作 『すべての終わりは新たな始まり』 佐藤圭(NBAバレエ団プリンシパル) 演奏:石井麻依子

ー休憩15分ー

*ステージツアー15分
第2部(20分)
新作 『十四夜月』
ダンス:小倉彩加、横山翼、山田琴音、井上良太
音楽:石井麻依子(ピアノ)、斉木なつめ(ヴァイオリン)

【プログラム内容について】 第1部は、ポストクラシカルを代表する作曲家の音源を使用し、苫野振付の小品集を上演する。 休憩時間中に観客は全員ロビーに移動いただく。
観客は少人数のグループで再入場し、舞台を通って客席に着く。 (ステージツアー)
第2部は、京都龍安寺の石庭に着想を得た作品を上演する。 出演者は石庭の石のように配置され、第1部の鑑賞型から 第2部は 体験型へと見せ方を変容させる。

©︎植村耕司
©︎植村耕司
©︎植村耕司
©︎植村耕司
Page Top
PAGE TOP