芸術・文化支援サイト かるふぁん! -Fund for Culture-

企業メセナ協議会の
芸術・文化への寄付に関するポータルサイト

採択活動一覧

パークジャズライブ

 パークジャズライブは、「札幌がジャズの街になる」をテーマに、札幌市役所、札幌芸術の森、大倉山ジャンプ競技場、道庁赤れんが前広場など札幌を代表するような施設のほか、市内の飲食店や楽器店など10数箇所を会場に、プロ・アマ問わず多くのバンド・個人が一斉に演奏を繰り広げる、市民参加型の街角コンサートです。
 札幌は全国でもジャズの愛好家が多く、多くの市民ミュージシャンに溢れています。当事業では、演奏家には演奏機会を提供し、市民の文化芸術活動を促進し、一方で多くの市民が気軽に鑑賞できる場を提供し、街ににぎわいを与えていきます。また、事業の実施にあたっては、市民より募集したボランティアにより当日までの広報、イベント進行、カメラマンとして活動記録などを行い、音楽イベントを通じた街づくりへの市民参画を図ってまいります。
 開催期間としては従来7月の2日間の開催としてきましたが、参加希望者の増加の需要に応えるため、また、増加する外国人観光客が楽しめる場を少しでも多く提供し、もって街により大きな賑わいを与え活気づけるものとして、開催期間を28年度から拡大し、4日間の開催をしてまいります。

活動情報

活動ファンド 2021 芸術・文化による社会創造ファンド 2021 Arts Fund
申請時期 2015年 第4回
活動地域 北海道
活動ジャンル 音楽
団体名 公益財団法人 札幌市芸術文化財団
活動名 パークジャズライブ
活動名(ふりがな) ぱーくじゃずらいぶ
実施時期 2016年 2月 1日 ~ 2016年 7月 31日
会場 実施場所:札幌市役所、道庁赤れんが前広場、札幌芸術の森、大倉山ジャンプ競技場、他(全10会場予定)、サッポロミュージックテント(コンテスト)
所在地 :北海道札幌市

活動完了報告

全国から公募したミュージシャンによるライブを市内全19会場で4日間開催した。北海道内を中心に、全国、海外から全360組が出演し、120,440人の観客が来場した。
また、パークジャズライブ参加者の中から事前の音源審査を通過した10組によるコンテストを実施。優勝バンドには翌年に開催される国際ジャズフェスティバルに出演できる権利を授与した。
寄付金については、寄付者を募る努力は行ったが、申請者(当財団)とメリットが合致する寄付者を見つけることが出来なかった。

(1)パークジャズライブ
・期日:7月16日(土)、17日(日)、31日(日)、31日(日)
・会場:南1条通ホコテン、札幌市役所1階ロビー、札幌駅前通地下歩行空間北3条交差点広場(西)・札幌駅側イベントスペース、紙ひこうき、STVホール、大倉山ジャンプ競技場、札幌グランドホテル、カワイ札幌コンサートサロンChou Chou、CAFEサーハビー、ESTA2階テラス、札幌芸術の森工芸館前広場、札幌パークホテル西駐車場、札幌市北3条広場(アカプラ)、ニューオータニイン札幌、なないろアルシェ、札幌市円山動物園、アートホテルズ札幌、大通公園1丁目
・出演:360組
・入場者数:120,440人(16日37,251人、17日37,303人、30日20,801人、31日25,085人)

(2)パークジャズライブコンテスト
・期日:7月18日(月・祝)
・会場:大通公園2丁目サッポロミュージックテント
・出演:sqidoo(東京都)、my&Jennie(小樽市)、The Sapporo Funk Organization(札幌市)、Mahogany’s Organ All-Stars(東京都)、The Scat Cats(東京都)、荒井美咲TRIO(東京都)、花田進太郎Electric Band(札幌市)、J-Newbie’s(札幌市)、Nori Naraoka Trio(ニューヨーク)、Rare names quartet (札幌市)
・優勝:Mahogany’s Organ All-Stars(東京都)
・入場者数:626人

Page Top
PAGE TOP