芸術・文化支援サイト かるふぁん! -Fund for Culture-

企業メセナ協議会の
芸術・文化への寄付に関するポータルサイト

寄付募集中のプロジェクト

【 若手邦楽演奏家によるロシア公演 】~ 伝統の継承と発展、それを担う若手演奏家の挑戦 ~

現在日本では、伝統音楽に対する関心とともに、それを継承する若手邦楽演奏家が減少しています。
日本の伝統音楽を受け継ぎ、絶やすことなく未来へ繋げていくためには、 【若手演奏家が活動できる場の開拓】 が大変重要なことだと考えております。
この度の、ロシア公演において、伝統音楽の普及と、若手演奏家の海外への挑戦を目指します。
日本音楽の伝統の継承と発展を担う、熱意ある若手演奏家へのご支援を、何卒宜しくお願い申し上げます。

◆ロシア公演事業の目的
・ 若手演奏家の海外における邦楽普及への挑戦
・ 若手演奏家の海外進出活動の先駆となり、将来へ繋ぐ活動の基盤形成

◆ロシア・モスクワでの招聘イベントの詳細
・ 2016年10月26日(水) 音楽院主催国際シンポジウム「歌語り、あるいは小劇場 Singing stories or small theaters」 (2016年10月18~27日開催)
このシンポジウムは、世界各国から集まる音楽専門家との国際交流です。日本音楽の若手演奏家を代表して、日本音楽の〈語り物〉と〈歌い物〉をテーマに“日本音楽における語り物および歌い物の歴史~地歌の実演とともに~”と称して、講演発表を行います。
これにより、日本の古典音楽である「歌」の魅力を伝えるとともに、邦楽への視野の拡大をめざします。

・ 2016年10月27日(木) 「日本の心」
毎年モスクワで開催されている音楽祭「日本の心」における演奏会ではテーマを“日本の四季”とし、箏、三絃、尺八、笛による邦楽演奏を披露します。
昨年も、「日本の心」の演奏会において演奏披露させていただき、モスクワの聴衆の皆様が、若手邦楽演奏家の発表を、とても温かい心で受け入れてくださっていることを強く実感することができました。
今年は、日本の四季を描写した作品を古典曲から現代曲まで選出し、日本特有の情趣を伝えます。また、新たな日本音楽の可能性を提示し、邦楽の若手演奏家による日本の伝統芸術の継承を海外の方々に広める好機とします。

〔その他の招聘イベント〕
・ サンクトペテルブルグにおいて上記のような企画演奏会を実施(演奏会場:ヤアニ・キリク教会など)
・ モスクワ、サンクトペテルブルグ両都市において、和楽器のワークショップの開催とそれに伴う邦楽コンサート

◆ロシアでの邦楽ワークショップの目的
モスクワ音楽院世界音楽文化センターでは、一般人向けの邦楽レッスンが過去20年にわたり実施・継承されてきました。その成果はめざましく、この地で邦楽への感性がたしかに養われてきました。そのためモスクワではおそらく何らかの経験者を対象として、一方のサンクトペテルブルグでは初めて楽器に触れるであろう方々を対象として、それぞれの反応に応じたワークショップを行い日本伝統音楽の普及に役立てます。

昨年のモスクワでの演奏を掲載しているページは下記URLです。
http://yasuko-fukuda.com/video/

画像は去年モスクワ音楽院にて行われた「日本の心」演奏会のポスターとその様子です。

活動情報

活動ファンド 助成認定制度
申請時期 2016年度 第2回
活動地域 海外
活動ジャンル 芸能、音楽
団体名 正田温子
活動名 【 若手邦楽演奏家によるロシア公演 】~ 伝統の継承と発展、それを担う若手演奏家の挑戦 ~
活動名(ふりがな) わかてほうがくえんそうかによるろしあこうえんでんとうのけいしょうとはってんそれをになうわかてえんそうかのちょうせん
実施時期 2016年 10月 24日 ~ 2016年 11月 5日
会場 実施場所:モスクワ音楽院ミャスコフスキー・ホール、ならびにサンクト・ペテルブルグ市内演奏会ホール(国際交流協会会館内ホール、ヤアニ・キリク教会など)
所在地 :ロシア/モスクワ、サンクト・ペテルブルグ
WEBサイト http://yasuko-fukuda.com/
Page Top
PAGE TOP